Screenshot 2020-10-16 at 08.21.26-min

MEO対策とは?

MEO対策とはGoogleが2014年6月ごろからGoogle マップ内において、お店やビジネの情報を登録することができるようになり、そのお店の登録をGoogleマイビジネスといいます。Googleマイビジネスにご自身のビジネスの情報を登録するとGoogleマップ上に無料で情報を表示でき、検索ユーザーにアプローチすることができます。

MEO対策とはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称。みなさんが登録したGoogleマイビジネスやWEBサイトの情報を最適化の対策をすることをMEO対策とよび今話題になっています。

 

  • MEO対策するメリットとは?
  • Googleの検索ユーザーはGoogleマイビジネスで比較をする
  • Googleマイビジネスが注目されている本当の理由

 

 

MEO対策するメリットとは?


みなさんも何度も経験があると思いますが、例えば「そろそろ美容室行かないと・・」なんて思った時、お店を探すため検索をしたことがあると思います。

この時点で確定してる検索キーワードが「美容室」です。次にくるキーワードがどこで探すか、「エリアや駅名」です。この2つのキーワードを例にしているのが上記の画像となります。

この「サービス」+「エリア」で検索したときに必ず検索結果の一番上に表示されるのがGoogleマップです。Googleマップ内に表示されるお店の情報がGoogleマイビジネスというサービスで無料で自身のビジネスが登録できます。

自身のGoogleマイビジネスの登録情報の内部施策正しく行うことがMEO対策となり検索ユーザーやGoogleに評価されGoogleマップ上の表示順位が上がっていきます。

無料で検索結果の上位にご自身のビジネスを広告できるとなればGoogleマイビジネスでMEO対策をやらない理由はないでしょう。

 

 

Googleの検索ユーザーは比較をする

「美容室 柏」と検索したユーザーの次の行動はズバリ比較をしてお店を決めることです。検索ユーザーは表示されたいろいろなお店をクリックし写真やお店の雰囲気、場所などを比較し自分にあったお店を選びます。

しかし比較される対象になるには、表示されているお店の情報が豊富で検索ユーザーに選んでいただけるようにカスタマイズする必要があります。

写真を載せたりお店の細かい営業時間などを設定できるように登録するのが内部施策です。みなさんも経験があるとは思いますが、行きたいお店がきまったらフォームや電話で予約をしたことがあると思います。

お店の雰囲気やサービスの写真が全然のってないお店をえらびますでしょうか?

 

 

Googleマイビジネスが注目される本当の理由

そもそもGoogleマイビジネスが注目されているのはなぜなのでしょうか?みなさんは単純に人に聞いたり、SNSなどで目にして気になった方が多いとおもいます。

実はインターネットの検索に大変なことになっているのをご存知でしょうか?

特にB to Cのビジネスでは、お店や会社のWEBサイトをお持ちの皆さんは、この現状を知らずにWEBサイトの更新やブログなどの情報発信は考えられないぐらい変化しています。正しい広告を行うにはWEB検索結果の環境をしっかり抑えてることが基礎中の基礎です。こちらから

 

 

この記事を読んでいただきありがとうございます。

記事の内容は、弊社による3年の運用実績と調査によって作成しております。Googleマイビジネスではアルゴリムを公表していないため必ずしもこの記事の内容が正しいとは限りません事をご了承ください。
よかったら他の記事もご覧になってださい。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

株式会社RES
東京都千代田区外神田4−9−2 千住ビル1F

イマドキ”検索

SEO対策まだ頑張ってるの?ローカルビジネスはあたらしい時代へ

MEO対策がたったの1分?

3年の運用実績で培ったMEO対策をたったの1分に凝縮してご提供します。

MEO対策が無料で学べる

勉強しないでいきなり本番ですか?Googleマイビジネスを正しく理解し運用することがお客様への近道です。

北川 政勝

北川 政勝

株式会社RES

22歳で起業し不動産業、飲食サービス業、WEBメディアによる広告事業など経営や投資をしてきました。長年こだわって経営してきたのは店舗事業での自社開発によるWEBマーケティングが得意です。特にSEOやMEO(ローカルSEO)の集客からシナリオ設定に顧客管理などのシステム化です。ローカルビジネスでの長年の経験と実績からWEBマーケティングとシステム開発会社として株式会社RESを新設しました。

メニューを閉じる